会長メッセージ

会長方針

「興味を広げ 未来に向けて行動しよう」

豊橋ロータリークラブは来年70周年の節目を迎えます。先輩会員の皆様が、ロータリー精神を基に築いてきた歴史と伝統を大切に、更なる発展を遂げるよう努力して参ります。
さて、世の中が目まぐるしく変化していく中、ロータリーも大きく変わりつつあります。しかし、いつの時代になってもロータリアンの果たすべき役割は、自らの事業活動とロータリーの活動を通して、いかに地域社会に貢献するかということだと思います。

本年、マーク・ダニエル・マローニーRI会長が掲げられたテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。これを受けて「グローバルに考え、地域社会とつながり、ロータ リーを成長させよう」と、国際ロータリー第2760地区伊藤靖祐ガバナーは地区方針として掲げました。
地域のリーダーの集まりであるロータリークラブでは、多くの人々と交流する機会があります。そして、我々ロータリアンの良さはロータリアン同志から学ぶ事でもあります。クラブとして、ロータリーの原点である例会、そして、分区・地区等へ、更にウェブサイト上へと交流の枠を拡げ、仲間意識を高める機会を大切にしていきたいと考えています。
様々な機会を通して、変化を受け入れ何事に対しても興味を広げることで、社会の変化を捉えた意義ある奉仕活動に結び付け、地域社会に貢献していきましょう。

 

 活動方針

  1. RIテーマとガバナー方針の実践に努力します。
  2. ロータリーのネットワークを活かしたプログラムを組みます。
  3. 豊橋ロータリークラブ創立70周年記念事業開催の準備をします。
  4. ベンジャシリロータリークラブとの友好と地区補助金事業を行います。
  5. WFFへの参加とポリオ撲滅に協力します。
  6. 松本南ロータリークラブとの友好をします。

 

例会運営方針

自らの職業に精を出しているロータリアンにとって、週一回の例会を率直に語り合い、楽しく交流する場になるように努めます。

豊橋ロータリークラブ会長

縣  政行