会長メッセージ

会長方針

「70周年で若返ろう 何かおもしろいことをしよう」

新型コロナウイルスが猛威を振るい、ロータリークラブの例会が行えない異常な事態となっています。本年度の活動がどういう形になるかは予測できませんが、状況に応じた対応をして活動を継続したいと思います。

本年度ホルガー・クナークRI会長は「ロータリーは機会の扉を開く」をテーマに掲げられました。ロータリーは奉仕プロジェクトを始めいろいろな機会を与えてくれます。またこの扉はより豊かで意義ある人生への機会のために開かれています。また3つの扉のうちの一つはローターアクターのために開かれています。若い職業人をロータリーの一員として取り込み、ともに奉仕活動を行いましょう。RIビジョン声明や地区方針でも「一緒に行動を起こす」ことが求められています。単独行動でなく、多くの会員の中から意見を出し合うことからよいものが生まれてくると思います。

今年は豊橋ロータリークラブの創立70周年になります。70周年の歴史と伝統を見つめなおし、新たな伝統を作り出し伝えて行くように努めたいと思います。新しい発想で何か面白いものを作っていければと思います。今回のコロナ禍もロータリーに与えられた試練と前向きに考え、乗り越えて行くことにより新たなものが生まれるかもしれません。早く正常な形での例会ができるようになることを切に願っています。

 

 活動方針

  1. RIテーマとガバナー方針の実践に努力します。
  2. 創立70周年を記念して記念式典と記念事業を行います。
  3. ローターアクトとの共同事業を行います。
  4. ベンジャシリロータリークラブとの友好と地区補助金事業をします。
  5. 松本南ロータリークラブとの交流をします。
  6. My ROTARYの登録を推進します。

 

例会運営方針

新型コロナウイルス感染に対応したクラブ運営を行います。

ロータリーに入って良かったと思われるような、楽しく、ためになる例会の運営を目指します。

豊橋ロータリークラブ会長

権田  隆実